ページタイトル ショートメッセージ


2018/01/29

ヒトは同じ刺激に同じ反応をするわけではない。

昨日京都大学山極寿一総長が、福岡で開催されていた「第9回子どもとメディア全国フォーラム」の特別講演「ゴリラ研究者がみたスマホ社会」でおっしゃられた言葉です。現代社会で共有している価値観の一つに科学への信頼がありますが、科学の基本は再現性です。同じ刺激に同じ反応をすることです。ヒトは科学では語れないことを山極総長はおっしゃっていると感じました。科学に変わる新たな価値体系の出現も、もうまもなくなのかもしれません。

さらに山極京都大学総長はおっしゃいました。
ゴリラの赤ちゃんは泣かない、泣く必要がない。なぜなら生後1年は母の腕の中。
ヒトの赤ちゃんは重く、母の腕の中では支えていられない。だから母の腕の中から出て育つ。だから泣く。泣くことでさまざまな人の手を借りて育てられる。
ゴリラは大きな集団を持てない。チンパンジーは大きな集団だがゴリラのような家族的な小集団はない。ヒトは大小の集団を形成できる。
勉強になります。




>> メッセージ・コラム一覧へ戻る <<

メッセージ一覧へ | TOPページへ
神山潤 公式サイト トップへ戻るプロフィールレポートショートメッセージ
利用規約リンク・転載お問合せスマートフォンサイト