アルジャーノンに花束を ダニエル・キイス著、小尾芙佐訳 読了

アリスの気持ちは?アリスはその気でも、アリスの将来を想像したチャーリーはとても耐えられなかったのだろう。訳者の言うように、チャーリーは救われた、と思うことで、行き場のなかった自分の気持ちを納得させることがやっとできた。

四方田犬彦著 月島物語(1992年発行)、月島物語ふたたび 読了

かつて勝どき1丁目、かつての月島9丁目?、に住んでいた我が身からするととても身近でかつ懐かしくもある一冊でした。住吉神社のお祭りは素敵ですよ。水の街江戸を東京に新たな形で復活しては、との氏の想いが伝わります。四方田犬彦氏は、2022年発行の東方見聞録にナビゲーションを執筆されていた方で、文章が気に入り、かつ著書に月島物語があることを知り、興味を持ち、月島物語を入手した次第です。

東方見聞録 マルコポーロ 青木富太郎訳  読了

ほんの800年前の人々が行っていた実に様々な、今となっては驚くべき習慣が、かざりけなく、当たり前のように、淡々と記述されている。そしてごく普通に戦いも行われている。戦いが行われている点は今も同じか。。。。

工藤勇一著 校長の力 読了

曰く

解決策は当事者が示していくほかない。

対立が起きたとき、文句を言うかわりに、対話をして合意することができなければいけません。

このドラマ(3年B組金八先生)は「学校は抑圧的な場所」で「先生の多くは、子どもにとって敵」であるという構図をつくりあげてしまった。

ドラマを通じて学校の問題がクローズアップされたこと自体は、非常に意味があります。しかし、対立がクローズアップされ、問題の根本的な「原因」が見えにくくなってしまった。

学校を批判すれば正義である、というお定まりの図式が金八先生のヒットによって定着したとすれば、それはもっと深刻な問題を生んだことになります。「3年B組金八先生」は、結果として「学校教育に問題がある」というイメージを広く根づかせました。そうした風潮によって、新たな問題が生まれていきます。教員側からすれば、できるだけ問題を発生させないようにしたいという心理になりがちです。そして問題が生まれないようにと、ますます管理を徹底していくようになります。 中略 生徒や保護者の視点から言えば「教師や学校にサービスを求める」という図式を加速させてしまった。

与えられるのを待つ姿勢が当たり前になった人間は、うまくいかないことが起こるたびに、他人のせいにしてしまうようになります。

本当は自分の力で学んでいくことができる人間にならなければいけないのに、自分の力を伸ばすには良い環境が必要なのだと勘違いしてしまっているのです。そして、うまくいかないと人のせい、環境のせいにするわけです。

やらされる体育祭から、みんなで楽しみながら盛り上げることのできる体育祭に変わっていったのです。  中略  中でも全員リレーをやるかやらないか、その決定プロセスは象徴的な出来事でした。3年生にアンケートをとると8割が「全員リレーをやりたい」と回答。 中略 「やりたくない」と意思表示した人が、数にして15人ほどいたのでした。後日、生徒会長が卒業式の時のスピーチでこう言っていました。「もし、賛成が100%だったなら、僕たちは全員リレーをやったと思います。でも結果は違いました。話し合いをした結果、僕たちは全員リレーをやらないという結論を出しました。それは僕たちのゴール(目標)「全員が楽しめる体育祭」を実現させるためです」全員リレーをやりたくない理由は、女の子に抜かれて嫌だとか、運動が苦手で苦痛とかさまざまです。それはそれで当人にとっては切実な事情です。全員リレーがあるから体育祭が楽しめないのだとすれば、最初に設定した最上位目標「全員を楽しませる」ということには合致していない、と生徒たち自身が判断したのでした。つまり、運動が得意な子たちは思い切り競争ができるし、苦手な子は遊べて楽しい1日になる。という次第で、「全員が楽しむ」という課題を工夫しながら実現したのでした。

役所は文書主義なので「こういう支援ができます」と文書で規定されていますが、あいまいな部分の判断については前例に委ねられてしまうわけです。ということは、文書に書かれていることの最大限を読み取ればいいのです。

みんなを当事者にするのが教育。

クレームを言ってくる人たちはものすごくエネルギーが必要なはずです。

クレームには「受けて立つな、横に立て」と僕は教員に伝えています。相手が悪い時でも「決して責めるな、「横に立て」、と。

僕の場合、対立が起こることを前提にしている。

言葉は感情の対立を生みやすいので、リーダーが心がけるべきなのは、みんなにとって幸せな言葉とは何か、みんなにとって、幸せな目的とは何か、といった言葉を考えていくこと。

民主主義の本質とは、「誰一人とりこぼさないこと」。

対立が起こるたびに何のためのこの議論をしているのかというそもそもの目的に立ち戻って発言を繰り返す、それが対話の基本です。

昨日今日で読んだこと

文藝春秋2024年三月特別号から

AIは落ちこぼれを救う(落合陽一、藤井輝夫、金出武雄)

「知識」や「情報」はAIが処理してしまう時代においては、みずから「課題」を設定する能力が求められますが、国語や算数や理科といった既存の科目別に学んでも、そうした人材は育ちません。

訂正する力(東浩紀著)

 もう日本はだめなのでしょうか。ぼくはそうは思いません。ただ、そこで必要になるのは、トップダウンによる派手な改革ではなく、ひとりひとりがそれぞれの現場で現状を少しずつ変えていくような地道な努力だと思います。

 同じ自分を維持しながら、昔の過ちを少しずつ正していく。それがオイルということです。老いるとは変化することであり、訂正することなのです。

 訂正する力は成熟する力。

 大事なのは「余剰の情報」です。友人や仕事仲間との関係において、どこまで「余剰の情報」をつくれるかが鍵となります。

 人生は、訂正する力で豊かになります。自分のイメージが他人のなかでたえず訂正され、他人のイメージも自分の中でたえず訂正されていく、そういう柔軟な環境が生きることをとても楽しくしてくれる。

訂正する力とは「考える力」。

 みなが「考えないで成功する」ために方法ばかりを求める国は、いつか破滅すると感じてしまった。

岩尾俊兵著  世界は経営でできている  読了

久しぶりに元気が出る本でした。ありがたい。

曰く

経営思考に必須の「当事者から一歩引いた目線」「状況を冷静かつ合理的に分析する思考」。

本当の仕事は(広義の)顧客を生み出し顧客を満足に/幸せにして、その対価として顧客が喜んで報酬を支払ってくれるようにすること。

部分最適を志向するあまり、真理追及という全体最適をおろそかにする危険性。

我々は誰しも強みと弱み/得意と不得意を持つ。そして(人類は)「誰かの強みで別の誰かの弱みを補完する」という価値創造のジグソーパズルを解き続けることで、全体として/システムとして、集団がバラバラな個人として生きるより高い能力を発揮できる価値ある状態を創り出した。

現代では、経営ときいて「価値創造を通じて対立を解消しながら人間の共同体を作り上げる知恵と実践」を思い浮かべる人は少数派になった。人生のさまざまな場面において、経営の欠如は、目的と手段の転倒、手段の過大化、手段による目的の阻害・・・など数多くの陥穽(かんせい)をもたらす。その理由は、「あらゆるものは創造できる」という視点を持たないと、単なる手段であるはずのものが希少に思えてしまい、手段に振り回されるからである。日本において本来の経営が急速に失われたのも、平成時代の円高とデフレによって、ただの手段のはずの金銭の価値が高まり、金銭という手段に振り回され、目的であるはずの人間の共同体をなおざりにしたからだ。